支部長・会長 山下好朗米国中西部支部相談役 山下好朗 (文学部英文学科 1975年卒)

 

同志社校友会・米国中西部支部はシカゴを中心とする同志社大学グループOBの親睦会として、1962年に故ケネス橋坂氏(法学部卒)により設立されました。この年に当時の大田総長がシカゴを訪問されたので数名の卒業生を集め夕食会を行ったのが最初の行事でした。

 

橋坂氏は半世紀前、20代で星雲の志を持って米国に雄飛、敬虔なクリスチャンでもあった同氏は、新島襄先生の同志社設立の情熱に共感され、自らアーモスト大学を訪問、新島先生について深く研究されると共に、我々後輩にも常に新島先生の偉大さを熱弁されてきました。また、同志社大学から、学究の為にシカゴ大学や近郊の大学に留学・派遣された学生、先生方のお世話を自ら引き受け、海外での様々な難問に親身になり相談に乗っておられました。

最近の米国はウォル・ストリートに代表される『金が全て』のイメージが強いと思いますが、異国の地で、利害関係を超え同じ同志社で学んだというだけの繋がりで、気軽に接することが出来る校友会の存在は、貴重なものだと実感しています。当米国中西部支部では、上記橋坂氏の遺志を受け継ぎ、新島先生が学ばれた米国の地を誇りに、微力ながらも『同志社』の発展、同志社精神の広がりに寄与出来ることを祈念しています。

 

〈2018年度 米国中西部支部役員名簿〉

相談役    山下 好朗 (1975年文学部英文科卒)

会長                 幸野   庸子  (1975年文学部英文科卒)

幹事長    木村 吉秀 (1991年商学部卒)

事務局    幸坂 宏美 (2011年経済学部経済学科卒)